Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

今多くなってきた若い年代の脱毛症

人間は加齢とともに髪は薄くなっていってしまいます。 しかし、10代や20代の若い年齢の方でも、男性性脱毛症が発症し進行していく若年性の脱毛症が増えています。 年齢や肉体的にはまだ老化が始まっているとは言えない年代に、薄毛が目立つようになってしまったらそれは若年性脱毛症と呼ばれます。 生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなったり、髪が細く弱々しくなったり、抜け毛が多くなったりしてしまいます。 原因としては、遺伝もそうですが、現代社会における偏食(高脂肪、高塩分など)、また粗悪なヘアケア剤、生活の乱れなどが挙げられます。 いろいろな要因が重なり、ホルモンバランスが乱れ、脱毛ホルモン(DHT)が多くなり男性型脱毛症が進行してしまいます。 対策としては、正しいヘアケアやバランスのいい食生活をしっかりとしていけば、薄毛の進行も止まりますし、問題ありません。 やみくもに悩んだり、自己流ケアよりも、正しい知識で対応することが大事です。
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.