Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

やっぱりタバコは・・・

今日は、タバコの事を。 最近では男性だけでなく、女性もタバコを吸う方が増えてきていますよね!? ただ、ビルやお店では全面禁煙ルームになっているところもあり、タバコを吸う方の肩身が狭くなってきている世の中になりつつあります。これを機にタバコをやめるのが一番ベストですが、なかなかやめられないものでもありますから。。。 タバコにはニコチン という物質が含まれており、主に中枢神経や末梢に存在するニコチン性アセチルコリン受容体に結びつくことで、毛細血管を収縮させる作用 があります。 血管が収縮されると、血行が悪くなり、血流が減少します。 毛髪を作っている毛細胞は、血液とともに毛髪形成に必要な栄養分を受け取っているので、血行が悪くなると、必要な栄養素の供給率が悪くなり、発毛する力が弱まってしまいます 。 その結果、毛根からは細くて弱々しい髪しか生えてこなくなり 、芯が弱いので、生えてもすぐに抜け落ちてしまいます。 細く弱々しい髪の毛や芯が弱く生えてもすぐ抜け落ちてしまう髪の毛が抜け毛の原因となるのです。 また、喫煙すると体内のビタミンCが大量に消費される ことも脱毛してしまう原因です。 体内に蓄えておけるビタミンCの量は1500mgとされていますが、タバコ1本吸うごとに、体内のビタミンCは約25mgも消費してしまいます。1本ならそれほど影響はないように思えますが、1日に1箱の人は、 20本×25mg=500mgビタミンCが失われていることなります。 ビタミンCは体内において皮膚を構成するコラーゲンなどを生成するのに欠かせない成分であり、ビタミンCが不足すると、頭皮が固くなって しまいます。頭皮が固くなると血行が悪くなるのはもちろん、毛根の働きも鈍くなるため、抜けやすい髪しか生えてこなくなります 。また亜鉛の吸収も悪くなります。 喫煙者で抜け毛が気になる人は、タバコが原因となっている可能性が高いのです。 すぐにやめられるならベストですが、まず本数を減らすことから始めてみてください。  
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.