Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

シグナルを見逃さないように

「髪の毛が薄くなった」「髪の毛のボリュームが少なくなった」など自覚症状が出てから、頭皮や髪の毛のお手入れを始める方がほとんどです。しかし、ほとんどの場合そうなる前に必ず何らかの前兆、つまり危険信号が現れているのです。 「フケが多くなった」 急にフケが出るようになった・頭がかゆくなってきた、このような症状の場合、多くが抜け毛や薄毛の前兆と考えてよいでしょう。 フケは頭皮の下層部で生まれる新しい皮膚細胞に押し上げられた古い皮膚細胞が角質化して剥がれ落ちたものです。 通常は、この細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでのサイクルは28日間なのですが、ホルモンの分泌異常や栄養バランスの乱れなどにより短い間隔になり、その結果フケが増加してしまいます。 頭皮は髪を育てる大地に当りますが、フケが多くなると、健康な髪を生えさせる事も育てることもできなくなります。 髪を「植物」に例えるなら、頭皮は髪を育てる「大地」に当たります。 その「大地」が植物を育てるのにふさわしい正常な状態にお手入れされていなければ、その「植物」は十分に育たなくなります。 同じように頭皮がお手入れされていなければ、太毛でハリのある健康な髪は生えてきません。 また、フケが毛穴から分泌される皮脂などと一緒になって、髪が生えて来る際の出口である毛穴を塞いでしまうと、毛穴が狭くなり太い髪が育たなくなります。 そして、いつの間にか1本1本の髪がやせ衰え、細く軟らかくハリのない猫毛やあるいはうぶ毛のように極端に細く短い毛になってしまいますす。 「抜け毛が増えた」 抜け毛が急に増えるということは、成長期にある髪や新しく生えてきたばかりの髪が何らかの異常によって抜けているためです。 ヘアサイクルつまり髪の毛が生えてから寿命が来て抜けるまでの「毛周期」が乱れてしまっているため、そのままにしておくとほとんどの場合より一層本格的な薄毛へと進行してしまいます。 「頭皮が脂性になった」 頭皮が脂性になってきたという事は、皮脂の過剰な分泌が原因です。過剰に分泌された皮脂のお手入れを怠るとその結果、過剰に分泌された皮脂が毛穴や毛根に作用して、まだ成長期にある髪を本来の時期より早くに休止期にさせてしまい、髪の寿命が短くなり異常脱毛として本来の寿命より早く抜けてしまいます。 「髪が細くなって来た、軟らかくハリがなくなって来た」 太くハリのある元気な髪に育つはずの髪が、男性3年~5年、女性4年~6年という髪としての本来の寿命をまっとうする事が出来ずに早く抜けていってしまうため、髪の毛根部分では十分に成長できず細くハリのない弱々しい猫毛のような毛やうぶ毛のような極端に細く短い髪しか造れなくなります。 上記の様な症状が現れてきた時は、まず現在の髪の状態と、そこに至るまでの原因をきちんと把握する事が大切です。それをふまえてご自身の体質や症状に合った正しい育毛法で早目に効果的なお手入れを実行される事が必要です。 髪は毎日抜けるかわりに、毎日生えてきています。一日も早いケアを疲れた髪は待っているのですよ
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.