Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

シャンプーの知識

近頃はいろいろなシャンプーが店頭に並んでいますが、うたい文句に踊らされないよう正しい知識をつけておきたいものです。 「界面活性剤が入っているシャンプーよくない」そんな風に思っている方もおられるのでは!? 「界面活性剤」がよくないのではないですよ~。シャンプーを作るのに必要なものなんです。 そもそも界面とは、2つの性質の異なる物質の混じり合わない境界面のことを言います。普通では混じり合わない水と油ですが、界面活性剤を使えば水と油を混じり合わせることが出来ます。 大事になってくるのは、界面活性剤の成分です。 大きく言えば合成成分と天然成分!どちらが安全かはお分かりだと思いますが、天然成分ですよね。 天然の成分から作られた界面活性剤にはアミノ酸系とベタイン系があります。 なので界面活性剤と言ってもいろんな種類があり、界面活性剤の原料によって異なります。 注意して欲しいのは、合成成分の界面活性剤です。 石油から生成される合成界面活性剤は、細胞を破壊する作用があり、発ガン物質を含む有害性があり危険因子だらけです。 しかも合成界面活性剤は、浸透力が強く簡単に皮脂膜に浸透してしまいます。 よく洗い物などで手が荒れたりしますが、食器用の洗剤や家庭用の洗剤などには全て同じ石油から作られた合成界面活性剤が入っているからです。 皮膚から簡単に体内に浸透して、血液に流れて色んな障害を内臓などに及ぼし、分解されずに体内に蓄積し、アトピーやアレルギー、脱毛やガンなど様々な原因になると言われているからです。 危険な合成界面活性剤が使用されているシャンプーを使えば、髪の毛だけではなく頭皮や体にまで影響を及ぼします。 合成界面活性剤は髪の毛の主成分であるタンパク質を破壊するので、健康な髪の毛の育成に大きな影響をもたらします。 安価で大量生産が出来るとして非常に多くの日用品に使用されていますが、私たちの髪の毛や体にとって良いことは一つもありません。 ヘアケアにお悩みの方だからこそ、正しい知識をつけ、うたい文句に踊らされないよう成分にはこだわってください!
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.