Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

ストレスが髪に影響するのは・・・

今日は、ストレスについて少しお話を。 抜け毛とストレスは多いに関係があります。なぜそうなるのか、簡単に言ってしまえば健康に影響するからですが、具体的に言うと以下の通りです。 ※血行不良を起こす。 血液は、自律神経によってコントロールされています。ストレスはこの自律神経を緊張させ、血管を収縮させます。その結果、血液の流れが悪くなります。結果、毛母細胞へ十分な栄養が行きわたりにくくなり、抜け毛が増え、薄毛になっていきます。 ※内臓への負担の増大 ストレスが溜まると、内臓の機能が低下してしまいます。ストレスによって胃などが痛くなるのは、内臓系の動作不順が原因。内臓は髪を育てるタンパク質やミネラルの合成を司っており、その機能の低下が毛根への栄養供給不足を引き起こしてしまうのです。 ※不眠や心の病をひきおこす ストレスには自律神経を乱してしまう要素があります。人の体は大体昼が交感神経、人が体を休める夜が副交感神経を使っています。髪が育成されるのは、夜なので副交感神経が重要になってくるわけです。しかし、ストレスは、この副交感神経の働きを弱めます。睡眠を十分にとってないのに眠れない、それは副交感神経が正常に機能してないからなのです。また自律神経失調症などの原因にもなります。 誰しもストレスは多少なりともあるものなので、ため込まず上手くストレス発散することです。温泉に行ったり、スポーツをしたり、ゲームをしたり、仲間と過ごしたり。発散できるものを見つけ、ためないように心がけましょう。
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.