Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

AGAのメカニズム

本日はAGA(男性型脱毛症)のメカニズムについて少し書きます! まず5αリダクターゼとは、テストステロン(男性ホルモン)と結び付いて、ジヒドロテストロン(DHT)に変換する働きを持つ酵素のことです。そして、変換されたジヒドロテストステロン(DHT)が脱毛を引き起こす直接的な原因となります。 テストステロンとは男性ホルモンの一種で、女性にもこのテストステロンは存在していますが、分泌量は男性に比べて20分の1となっています。 そして、そのテストステロンが毛細血管を通り毛乳頭に運ばれると、そこで5α-リダクターゼという酵素の働きによって ジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変換されてしまい、そのジヒドロテストステロンが、毛乳頭・毛母細胞の細胞分裂を抑制することで脱毛を促進してしまうのです。 つまり、適切な髪のサイクルを経て、数年かけて太く健康に成長する髪が、途中で成長をやめ、十分に成長しない状態、細く短いうぶ毛のような状態で終わってしまうのです。そして、この細く短いうぶ毛もまた抜け落ちてしまい、やがて地肌が見え始めるようになります。これが、男性型脱毛症(AGA)の基本的なメカニズムです。 つまりこの5αリダクターゼとジヒドロテストステロン(DHT)をいかに抑制することができるかにかかっているわけです。 ノコギリヤシやフィナステリドには5αリダクターゼジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑制する作用があります。 また、男性型脱毛症だから、女性には関係ないと思うのは間違いです!最近では女性の男性化も進んでいるので、女性にもAGAが見られるようになってきました。
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.