Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

AGA(男性型脱毛症)について②

なぜAGA(男性型脱毛症)になってしまうのか?今日はAGAの原因をみていきましょう。  ①遺伝 AGAの多くが遺伝によるものといわれています。AGAの中でも特に若年性脱毛症の場合は遺伝の影響が大きいようです。これは薄毛になりやすいホルモンバランスが遺伝するためです。中でも自分の母親の父が薄毛だとしたら、自分にも将来、AGAが発症する可能性が高いといえるのです。親から子どもへ遺伝する割合は父親が薄毛の場合約50%、母親が薄毛の場合約75%とのデータもあります。  ②男性ホルモン 男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)です。DHTは、男性ホルモンテストステロン が、5-αリダクターゼ という酵素によって変換させられることにより発生する物質で、この物質に変わると、ヘアサイクルに悪影響を与え、薄毛に繋がったり、脱毛を引き起こしたりしてしまうのです。AGAに対し効果のあると認められている発毛剤プロペシアの主成分フィナステリドはこの5αリダクターゼを抑制する働きがあることで薄毛を改善させるのです。  ③ストレス ストレスは筋肉を収縮させ、毛細血管を圧迫します。その影響で毛根への栄養が不十分になり、脱毛を引き起こしてしまいます。 なくすのは難しいのでスポーツや趣味でうまく発散させ、ためこまないようにすることが大切です。またAGAに悩むことがストレスとなり、悩んでいるストレスがまたAGAの原因となるという悪循環に陥っている方も多いかもしれませんね。  ④生活習慣 日常生活が栄養バランスの悪い食事や喫煙、過度の飲酒は栄養不足、血管の縮小化、新陳代謝の低下、酸化体質になり髪にも影響をおよぼします。身体の健康維持が髪の健康維持にもつながります。  ⑤睡眠 寝ている間に髪は作られます。睡眠不足は髪の生成によくありません。また眠りが浅くても疲れがとれません。質の良い睡眠をしっかりとることは強い髪を作るのに重要になります。
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.