Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

有効成分 酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロール(酢酸d-α-トコフェロール、酢酸dl-α-トコフェロール)は、ビタミンEの誘導体で、酢酸エステルのことです。 酢酸トコフェロールは、皮膚の血行をよくするビタミンEの働きを促すので、くすみの改善や加齢によるトラブル防止など幅広く使われています。肌荒れ防止として医薬部外品にもよく使われます。末梢血管の血流をよくしたり、手足のしびれやめまい、頭痛などのを改善し、脂質の代謝をよくする成分です。 また、エステル化して得られる合成ビタミンEは、水には溶けず、植物オイルなどには溶ける性質があります。 そのため、化粧品としてリキッドファンデーション、スキンケア製品などに用いられています。肌への活性作用、血管拡張作用、血行促進作用があり、肌あれ、日焼けによるしみ・そばかす、にきびを防止する化粧品や、ふけ、脱毛を防止する育毛剤に配合されています。また、しもやけ、ひび、あかぎれなどの治療用外用剤にも配合されます。 注意したいのは、過剰に摂取すると酢酸トコフェロールの副作用がでるため、表示指定成分となっています。
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.