Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

有酸素運動③

今日は有酸素運動と無酸素運動の違いを簡単にご説明したいと思います。 有酸素運動は、文字通り、体内に酸素を取り入れる運動で、運動強度があまり強くてはダメですが、 負荷が軽すぎても脂肪は燃焼してくれません。 ある程度以上の運動の負担を、ある程度の時間運動する必要があります。 基本的には20分以上 続ける必要があります。 運動開始直後というのは、糖質が消費されるだけで脂肪はあまり燃焼され ませんが、5分くらい経過する頃から、脂肪燃焼が開始されます。 そして20分後には本格的に脂肪が燃焼するようになるのです。要するに20分以上継続することで、 高い脂肪燃焼効果が得られるわけです。 それに比べ、無酸素運動は、苦しいと感じる運動を短時間で行う運動のことをいいます。 そのため、反復運動をする場合、一定時間あたりの反復回数をかなり多くします。 そして脂肪ではなく、血中の糖分やグリコーゲンが消費されます。 まとめると 有酸素運動→脂肪燃焼、持久力がつく、ダイエットに、ジョギング、エアロビ、など 無酸素運動→糖質燃焼、筋肉がつく、、ムキムキに、、ダッシュ、、筋トレ、、など 負荷の大きい運動は、筋肉を作るのに必要で、 有酸素運動だけでは筋肉の持久力はつきますが、直接的に筋肉量を増やすことはできません。 体の脂肪を落とすだけなら、有酸素運動だけでも良いのですが、無酸素運動を組み合わせることにより効果が倍増し、また美しいボディラインの体になっていきます。  
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.