Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

パソコンしすぎにご用心

今や、毎日当たり前のようにパソコンや携帯電話の画面を見ていますが、ずっとみていると、当然ですが、目が疲れます。 目の疲労は眼精疲労といい、髪の毛を弱らせて薄毛の原因になるのです。 それは眼球周りの血管のほとんどは頭皮と繋がっていますので、眼球が疲れると、頭皮にも疲労が溜まってしまいます。 パソコンや携帯電話などの液晶画面から出る青い光をブルーライトと呼びますが、このブルーライトは目に悪く散乱しやすい性質があるのです。 また、ブルーライトのように青い光は紫外線と同様にエネルギーが強く、紫外線による日焼けと同様に目にも悪影響を与えます。 目の網膜には青い光、ブルーライトに感受性がある特別な細胞があって、その細胞が体内のリズムにつながっていて、ブルーライトの強さの度合いで体内時計が働いています。 しかし、丸一日パソコンや携帯電話を見ていると常にブルーライトの刺激を受けている状態になるので、体内時計のリズムが狂ってしまう可能性が高くなります。 特に就寝前にパソコンや携帯電話を見る方は、体内時計のリズムが乱れることによって睡眠障害が引き起こされる可能性もありますので注意が必要です。 成長ホルモンが分泌する夜の10時~2時の間にはパソコンや携帯電話の画面は見ないようにするのがベストです。 最近流行しているPC用眼鏡は、目の疲労を防ぐことが出来るという検証結果が出ています。 ピントが合わせにくい」「光がギラギラと眩しい」「線を目で追いづらい」という症状に対して効果があると報告されているので、PC眼鏡を使用してみるのもオススメです。      
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.