Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

脂漏性皮膚炎

漢字が多くむずかしい印象かもしれませんが、脂漏性皮膚炎は皮脂腺が発達し、皮脂の分泌の多い部分すなわち顔、頭皮などに 湿疹を生じる病気です。 頭皮では、脂っぽいフケや皮膚の赤み(紅斑)、顔では鼻などのまわりに脂っぽい薄いかさぶたのようなものを伴った紅斑が見られるのが特徴です。 こうした症状は、胸や背中の中央部、わきの下など、頭や顔以外にも生じることがあります。 脂漏性皮膚炎の起こり方にはマラセチア菌という一種のカビが関係していると考えられています。 マラセチア菌は皮膚の表面に常在している脂が好きなカビで、脂漏性皮膚炎はマラセチア菌が単に増えたために生じた感染症というわけではなく、その菌が分解した脂の成分による刺激や、マラセチア菌に対する皮膚の反応により、湿疹反応が生じたと考えられます。 症状としては、フケ・かゆみ・かさつきなどが挙げられます。 脂漏性湿疹は刺激性の食物(唐辛子や、辛子、わさびなど)を好む人に多く、こういった物が皮脂の過酸化を促進させて結果的に皮疹を増悪させるといわれています。 またビタミンB2、ビタミンB6の欠乏によっても同様の結果になります。 つまり刺激性の食物をさけて、ビタミンB2,ビタミンB6を 十分に摂取し、自分に合ったシャンプーなどを使うといった日常生活での注意が必要です。  
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.