Super Scalp スーパースカルプ発毛センター 京橋店

頭皮の常在菌

よく腸の中には善玉菌や悪玉菌がいる事はご存知の方も多いですが、頭皮には、約980億個の常在菌が存在するといわれます。 常在菌は善玉菌と呼ばれ、黄色ブドウ球菌などのブドウ球菌類、アクネ菌、 マラセチア菌などの真菌類があります。ブドウ球菌類とアクネ菌は、余分な皮脂を食べ、余計な菌を増やさず頭皮や身体の耐菌性を高める働きを持っています。 真菌類は角質の中に棲むカビの一種で、剥がれた角質(アカ)を食べて分解し、 新陳代謝を高める働きを持っています。ブドウ球菌類、アクネ菌は毛穴や毛の 漏斗部に、真菌は角質の中に生息しています。 一時菌は悪玉菌といわれています。連鎖状球菌、大腸菌、枯草菌(こそうきん)、 緑膿菌(りょくのうきん)などがあり、外部から付着します。頭皮に付着すると、 急激に増え、かゆみなどの悪影響を与えます一時菌は、水またはシャンプーで洗い流すことで除去することができます。 善玉菌である常在菌ですが、増え過ぎると悪影響を与える悪玉菌になってしまいます。 例えば、アクネ菌が増え過ぎると、皮脂を食べて分解されて できた遊離脂肪酸が増え、それがアレルギー物質となって頭皮に刺激を与え、 激しいかゆみやしっしんが出たりします。また、真菌が増え過ぎると、新陳代謝が 活発化して、フケが急増します。 これからの季節は、汗ばんだりすることも多いので、清潔に保って常在菌とうまくお付き合いしましょう。
Copyright (C) SuperScalp All Rights Reserved.